iPhone4とiPhone5とiPhone6
iPhone6を買って起動してアプリをダウンロードしていたら、『あれぇ!?』と驚きました。

iPhone6は、iPhone5に比べてホーム画面に置けるアプリの数が増えています。ドックを除き、縦に6列のアプリを配置することが可能となっています。

当初はただ画面がでかくなるだけだと思っていたので、思わぬメリットにやったぜって感じでした。詳しく説明します。

\楽天スーパーSALE開催中/
楽天市場

  • 6/11(日)01:59まで
  • 10店舗での買いまわりでポイント最大10倍
  • 5と0のつく日は楽天カードでの決済でポイント+2倍

iPhone6のホーム画面では28個のアプリを置ける

iPhone5のホーム画面とiPhone6のホーム画面
ご覧なさい。左がiPhone5のホーム画面で、右がiPhone6のホーム画面です。

iPhone5のときは、縦6列横4列で、合計24個のアプリしか置けませんでした(フォルダは除いてね)。ところがiPhone6では縦列が1つ増えて7列となりました。

これにより合計28個のアプリを置くことができるようになったのです!画面がでかくなっても置けるアプリの数は変わらないと思ってたので、これは嬉しいハプニングでした!

iPhone6の公式画像は全て5列までしか使っていない

公式サイトのiPhone6
でもどうして今までどおりだと思ってたんだろう?と思って公式サイトを見てみると、どの画像も5列目までしかアプリを置いていない。

しかしデフォルトアプリってほとんど使ってないなぁ。

\楽天スーパーSALE開催中/
楽天市場

  • 6/11(日)01:59まで
  • 10店舗での買いまわりでポイント最大10倍
  • 5と0のつく日は楽天カードでの決済でポイント+2倍