仮想通貨のスプレッド広すぎと感じたら読んでほしい記事

スプレッドは広ければ広いほど儲かりにくくなります。なのでスプレッドが狭い業者を選んだ方が良いのですが、狭いと言われている業者でも時と場合によっては大きく広がります。困りますね。

実は仮想通貨の売買でスプレッドを気にしている人は、そもそも売買方法が間違っている(=知らないうちにスプレッドの条件が悪い方法で取引しちゃってる)可能性があります。正しい売買方法とその理由を紹介していきます。

吹き出しアイコン

ウサミミ
実は仮想通貨の取引方法には2種類あって「スプレッドが広い!」と感じている人は、2種類のうちの不利な方の取引方法を使っているのです!

仮想通貨のスプレッド広すぎ問題は取引所を使うことで対策可能

GMOコインには販売所と取引所がある
GMOコインには販売所と取引所がある

仮想通貨の購入窓口には、販売所と取引所の2種類があります。どちらかしかない場合もあれば、両方ある場合もあります。

わかりやすいのがGMOコイン。公式サイト見ると、上記の通り取引所と販売所がそれぞれあります。

コインチェックも販売所と取引所が両方ありますが、明記があるのは販売所のみで、取引所は「ホーム」と記載されています。またDMMビットコインや楽天ウォレットは販売所しかありません

この販売所と取引所は仮想通貨を売買するうえでとても重要です。なぜなら、どちらを使うかでレートが全然違うからです。

取引所は販売所のようなスプレッドがない

取引所と販売所にはそれぞれ特徴が違いますし、そもそも仕組みが全然違います。ただ重要なのは、「とにかく販売所よりも取引所の方が安く買える」ということです。

販売所では業者が一方的に売買レートを決めます。なのでスプレッドを広く取ります。ご存知の通り、スプレッドが広ければ広いほど業者が儲かるからです。

一方で取引所は対業者ではなく、他のトレーダーと取引します。仕組み的には株取引と同じです。自分で価格を決めて取引するので、そもそもスプレッドの概念がありません(スプレッドがないって言い方は正確ではないかもしれませんが…)。

販売所と取引所の違い比較
項目 販売所 取引所
取引相手 業者 他のトレーダー
手数料 無料 有料のことが多い
価格 業者が決定 自分で決定
注文方法 成行 指値・成行
吹き出しアイコン

ウサミミ
強いて取引所のデメリットを1つ挙げるとするなら、扱っている銘柄が少ないことだね。

取引所が使えるおすすめの仮想通貨交換業者

というわけで、仮想通貨交換業者を選ぶ際には「取引所で取引できる」ことが最低条件となります。そしてさらに大事なのが取引手数料です。取引所はスプレッドがない代わりに、取引手数料が有料です(手数料を考慮しても取引所の方が安く買えるんですが)。

なので取引所がある業者の中でも、手数料が安いところがおすすめです。これに該当するのが、コインチェックGMOコイン。それぞれ紹介していきます。

コインチェック:手数料無料で取引所が使える

仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)
画像引用元:仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

最もおすすめする取引所はコインチェックです。なぜならコインチェックは取引所の取引手数料が無料だからです。「取引所」で「取引手数料無料」で取引できるため、最も取引コストが低い業者と言えるでしょう。

ただし、出金手数料が1回につき407円かかるのでそれだけご注意ください。

また、コインチェックは取引所がどこにあるかわかりにくいという問題もあります。先の通りコインチェックの場合「取引所」という記述はなく、「ホーム」としか書かれていません。また、スマホアプリから取引所を使って取引することができません。スマホの場合アプリではなく、ブラウザから公式サイトにアクセスして取引する形になるのでご注意ください。

\最も低コストで仮想通貨取引が可能/

コインチェック

  • 取引所あり+取引手数料無料!最強の取引環境
  • 最短即日での口座開設が可能
  • 積立購入や貸仮想通貨サービスあり

GMOコイン:取引所を使うと手数料がもらえる

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン
画像引用元:ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン

GMOコインも販売所と取引所があり、きちんと「取引所」と明記されているのでわかりやすいでしょう。

そしてGMOコインの特徴が、取引所を使うと手数料を払うのではなくもらうことができる、という点です。まずGMOコインの取引所の手数料は以下の通りです。

  • Taker:注文金額の0.05%
  • Maker:注文金額の-0.01%

TakerとMakerというのはちょっとわかりにくいので説明を省きますが、覚えておくべきことは「Makerになると手数料がもらえる」こと、そして「状況次第でどちらかになる」ということです。

どちらになるのかは基本選択できないのですが、GMOコインの場合は指値注文の中のオプション「Post-Only」にチェックを入れて注文すると、常にMakerになるように注文を出すことが可能です。つまり、手数料をもらい続けながら取引することができます

吹き出しアイコン

ウサミミ
Post-Onlyのデメリットとしては、理論上は注文が成立しにくくなることが挙げられるよ。ただ体感的には全くそんなことないです。

出金手数料も無料なので、場合によってはGMOコインで取引するのもおすすめです。

\取引所で取引すると手数料がもらえる/



  • Post-Onlyオプションを使っての取引で常に手数料がもらえる
  • 申し込みから取引開始までが最短10分
  • アプリでも取引所を利用可能

スプレッドの比較は不要

というわけで、コインチェックGMOコインを使えば取引所で、なおかつ手数料が発生することなく取引できます。したがって、スプレッドを比較して最も狭い業者を探す、なんてことをする必要はありません。無駄です!

販売所を使う=業者の養分

最後に、「じゃあなんで販売所があるの?」という疑問にお答えしましょう。

販売所は取引所と違って、業者が取引相手になります。常に買い手と売り手がいる状態なので、買いたい時にすぐ買えるし、売りたいときにすぐ売れます。取引成立のスピードが早いってのがメリットですね。

と言えば聞こえが良いんですが、結局のところなぜ販売所があるのかと言うと、これはもう間違いなく「業者が儲かるから」ですね。販売所と取引所だと、間違いなく販売所の方が業者が儲かります。

「販売所は手数料無料のことが多い」のですが、その理由は言わずもがな。「販売所でたくさん取引してもらったら、それだけで儲かるから」です。あえて「取引所が無料!」とお得そうに見せることで、たくさんの人に販売所を使ってもらおうって魂胆だと思います。というわけで見出しの通り、販売所を使うこと=いわゆる養分であり、自分が損するだけなので使わない方がいいです。

仮想通貨で儲けたいなら取引所での取引方法を覚えよう

結局のところ、仮想通貨で儲けたいならまず販売所ではなく取引所を使って取引しましょう。ただ取引所の取引方法は、販売所と比較すると少しわかりづらいのでご注意ください。取引所での注文方法については下記関連記事で解説しているので、こちらをご覧ください。

関連記事