記事内に広告を含みます
本田翼からのお願い:LINEMOに関する詳細はLINEMOの公式サイトを見てね。

使わない月は0円の格安SIMはコレ!基本使用料無料の携帯会社紹介

スマホの使用頻度が低い場合や、サブ回線として使いたい場合には使わない月は0円で契約できる携帯会社が適しているでしょう。現在これに該当するのは、KDDIが提供しているpovoのみです。

吹き出しアイコン

ウサミミ
以前は楽天モバイルも月間1GB以下なら無料だったんですが、2022年7月1日をもって無料は終了したため、現在はpovo一択です!ただし、期間限定で無料の携帯会社と、めっちゃ安く維持できる携帯会社についても紹介していくっす。
おすすめ携帯会社

コスパ良好

linemo

3GBで990円と20GBで2,728円の2つのプランあり。7ヶ月目までは5分間かけ放題オプションが無料。詳細はLINEMO公式サイトを見てニャン。

キャンペーンが魅力

楽天モバイル

月間データ使用量が無制限。料金はデータ使用量に応じて毎月1,078円〜3,078円の間で決定。iPhoneの契約で最大13,000円相当のポイント還元

コスパが高い

IIJmio

20GBでも2,000円と安い。しかも通話料が30秒で11円なので、ahamoなど他社の半額。乗り換えるだけで携帯代を節約できる可能性が高い。初期費用割引中。

「使わない月は0円」なのはKDDIのpovoのみ!

povo
画像引用元:povo

データ通信しないなら月額0円!

KDDIが提供している格安プランのpovoはデータの使用量や通話かけ放題等が全て「トッピング」という名のオプション化されています。必要な時にだけトッピングすることで、使わない間は0円を実現できます。なお、トッピングなしだと128kbpsの速度でしか通信できません

povo2.0の主なデータトッピング(税込)
トッピング名 期限 料金
データ使い放題 24時間 330円
データ追加1GB 7日間 390円
データ追加3GB 30日間 990円
データ追加20GB 30日間 2,700円
データ追加60GB 90日間 6,490円
データ追加150GB 180日間 12,980円

povoは24時間使い放題トッピングの使い勝手が最高です。公式サイトでは「24時間」と案内されていますが、実は「購入日の翌日の23時59分まで」使い放題が適用されます。つまり、最大で48時間使い放題になるのです。早朝にトッピングを購入しておけば、たった330円(税込)で2日間まるっと使い放題になるので、かなりお得です。

「トッピングの利用がない」もしくは「月々の料金が660円以下」の状態が180日間続くと回線が停止されることもあります。ただ事前に案内が届くので回避可能です。

\トッピングしない限り月額0円/

  • auの格安プランで、au同等の回線が使える
  • 契約・解約手数料無料!縛りなし
  • トッピングしなければ月額0円で維持可能

2回線目も使わない月は0円で契約可能

povoは5回線まで事務手数料無料でSIMカードを発行できます。つまり、「使わない月は0円」の回線を5回線も持つことができます。複数回線欲しい人にも最適でしょう。なお、6回線目からは3,300円の事務手数料がかかります。

使わない月は0円!とまでは言わないけど惜しい携帯会社

LINEMO:3GBプランが6ヶ月以上実質無料

LINEMO
画像引用元:【公式】LINEMO - ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

スマホプランへのMNPで1万円相当還元

ソフトバンクの格安ブランド、LINEMOはキャンペーン開催中で、月3GBのミニプランと契約すると、6ヶ月間以上実質無料で契約できます。しかも契約手数料も無料です。

基本は6ヶ月だけど伸びることもあり:
時期によっては、6ヶ月ではなく12ヶ月実質無料になるキャンペーンを開催していることもあります。

LINEMOの料金プラン(税込)
プラン名 データ容量 料金 超過時速度
ミニプラン 3GB 990円 最大300Kbps
スマホプラン 20GB 2,728円 最大1Mbps

仕組みとしては、毎月990円相当のPayPayポイントが還元されるものです。LINEMOはPayPayポイントで支払いできるため、相殺されて実質無料というわけです。

吹き出しアイコン

ウサミミ
ただし!PayPayポイントで支払いできるのは税別金額だけ!つまり990ポイントもらえるけど、実際に支払えるのは900円だけで、必ず90円の請求は行われちゃうよ。
\迷ったらコレ!/

LINEMO

  • ソフトバンクの格安プランで、ソフトバンク同等の回線が使える
  • 契約・解約手数料無料!縛りなし
  • 20GBと3GBの2種類のプランを使い分け可能
LINEMOキャンペーン情報
スマホプランのMNP契約で最大10,000円相当のPayPayポイントプレゼント!(ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外)!
さらに5分間のかけ放題オプションが7ヶ月目まで無料!
  • 【スマホプラン】MNP契約で10,000円相当のPayPayポイント獲得
  • 【ミニプラン】新規・MNPどちらでも990円相当のPayPayポイントを6ヶ月間毎月獲得(合計5,940ポイント)
キャンペーン期日:未定

日本通信SIM:月額290円(税込)で1GB使える

合理的シンプル290プラン|日本通信SIM
画像引用元:合理的シンプル290プラン|日本通信SIM

日本通信SIMの「合理的シンプル290プラン」は月額290円(税込)の維持費でデータ容量1GB使えてさらに通話料金も半額という最強コスパです。

まずデータ容量は従量制で、100GBまで使うことができます。ただし1GBごとに上限を設定できるため、1GB上限に設定しておけばその後は1GBまで通信できるSIMとして使えます。使い過ぎてしまうことはありません。

さらに地味にすごいのが、通話料金が30秒ごとに11円(税込)ということです。ドコモ、au、ソフトバンクをはじめ、多くの携帯会社では30秒ごとに22円(税込)を採用しています。しかし「合理的シンプル290プラン」ならばその半額で通話できます。特にオプション加入やアプリの利用なども必要ないので、乗り換えるだけで携帯代を節約できるわけです。

1点ネックなのが、契約時に手数料3,300円(税込)がかかることです。しかしAmazonや楽天市場ならば2,980円(税込)でスターターパックを購入して申し込むことで、若干節約できます。楽天モバイルなら楽天マラソン開催期間等に合わせることで、たくさんのポイントバックを受け取れるのでもうちょっと安く購入することも可能です。

吹き出しアイコン

ウサミミ
私も楽天市場でスターターパックを購入して契約しました!めちゃくちゃ安いのでおすすめ!

使わない月は0円のSIMで携帯料金を節約しよう

以上の通り、使わない月は0円運用を実現させるには、povoしかありません。特にデメリットはなく、無料で解約もできるので軽い気持ちで契約しちゃって問題ないでしょう。

また、一定期間実質的に無料で利用できるLINEMOや、低価格で利用できる日本通信SIMも候補の1つとしておすすめです。是非検討してみてください。