格安SIMは審査なしも同然!審査が不安な人におすすめの携帯会社を3社紹介

格安SIMには必ず審査が行われるので、審査なしで契約することはできません。しかし、そもそも格安SIMの審査に落ちることはほとんどありません。例えば年収が低くて審査が不安な人や、個人信用情報に問題があってクレジットカードの審査に通らない人でも問題ないでしょう。その理由を紹介していきます。

おすすめ格安SIM
UQモバイル

通信速度は格安SIMトップクラス!くりこしプランM/Lなら速度制限時も最大1Mbpsで使い続けられる。余ったデータは翌日に繰越可能。

mineo

mineo(マイネオ)

5GB/月でも1,518円(税込)とコスパ良し。月額385円(税込)のパケット放題Plusオプション加入で、通信速度は最大1.5Mbpsで使い放題に。

楽天モバイル

月間データ使用量1GB以下なら無料!Rakuten Linkからの発信で通話料無料!コスパ最強の携帯会社。口座振替対応でクレジットカードなしでもOK。

審査なしも同然!格安SIMの審査の仕組み

格安SIMは審査なしも同然です。心配する必要はほとんどありません。なぜなら格安SIMの審査では、「申し込み情報に間違いがないか」「過去に携帯料金を滞納して強制解約されたことがないか」主にこの2点だけしか確認しないからです。

1.申し込み情報の確認

申し込み時に記入した名前や住所などの情報が、本人確認書類の記載と一致しているかどうかを確認します。特にMNP乗り換えの際には要注意です。乗り換え前の会社と乗り換え後の会社で、住所や名義などが異なるとそれだけでも審査に落ちます。もしも情報が間違っている場合、最新情報に修正してから手続きすることで審査に通るようになります。

2.不払者情報の確認

携帯料金を長期間滞納すると、強制的に解約されることがあります。そして強制解約されると、その情報はTCAやTELESAという団体が管理し、これらの団体に加盟している携帯会社間で共有されます。

したがって、例えばドコモで強制解約された結果、ソフトバンクに申し込んでも審査に落ちる、ということが起こります。

吹き出しアイコン

ウサミミ
不払者情報は完済するか5年経過すると消えるよ

結論:強制解約履歴がない人なら格安SIMの審査に落ちることは滅多にない

というわけで、強制解約があれば審査に落ちますが、そうでなければ書類不備くらいの理由でしか携帯審査に落ちることはありません。以上の理由から、わざわざ審査なしの格安SIMを探す必要はありません。

個人信用情報はスマホを分割契約する際に使われる

クレジットカードやカードローンの審査で使われる個人信用情報は、通常携帯会社の審査では使われません。

しかし、スマホを分割で購入する場合はクレジットカードやカードローンと同様の審査が行われます、そのため、滞納や自己破産の経験があると分割契約できないことがあります。

分割契約の審査に落ちても契約は可能:
上記の通り、分割契約の際には審査が厳しくなります。しかしこの審査に落ちてしまったとしても、携帯会社との契約自体ができなくなるわけではありません。あくまで分割契約ができないだけで、一括やSIMのみ契約にすれば携帯会社と契約することが可能です。

審査で選んだおすすめの格安SIMを3社紹介

最後に、「強制解約された経験がある」「クレジットカードが持てない」こういう人に向けておすすめできる格安SIMを3社紹介します。

リンクスメイト:ブラックでも契約できる可能性あり!クレジットカードなしでもOK

LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM
画像引用元:LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

リンクスメイトはTCAにもTELESAにも加盟していません。したがって、例え過去に強制解約された履歴がある携帯ブラックの人でも審査に通る可能性が十分あります。

また、リンクスメイトはクレジットカードなしでも契約できます。LP支払いという独自のポイントを使った支払い方法に対応しています。1ポイント=1円のレートで1ポイントからコンビニや銀行決済で購入可能で、このポイントを月々の支払いに充てられます。

ただし、購入時と払い戻し時にそれぞれ下記の通りの手数料がかかります。

  • 10,000LP未満=330円
  • 10,000LP以上=購入額の3%×消費税10%

LP支払いは端末をセット購入する際にも利用可能です。しかし端末の分割購入はできません。必ず一括払いとなるのでご注意ください。

吹き出しアイコン

ウサミミ
リンクスメイトはサイバーエージェント系列の会社だけあって、ゲーム特典に強いというメリットもあるよ。使用容量の削減や、ゲームで使える特典が貰えたりするから、ゲーム好きにもおすすめ。

なお、料金プランは100MBから1TBまで38通りもあります。詳しくは公式サイトをご覧ください。

\審査難民最後の砦/

  • TCA・TELESA非加盟
  • データ容量に応じて38通りの料金プランあり
  • クレジットカードなしでの契約が可能

楽天モバイル:口座振替やデビットカードで契約可能

楽天モバイル
画像引用元:楽天モバイル

【期間未定】楽天モバイルキャンペーン情報
  • 3ヶ月間料金無料でデータ通信使い放題!
  • Rakuten Linkアプリを使って10秒以上通話+メッセージ1回の送信で5,000ポイントプレゼント!
  • Androidスマホとのセット契約なら、端末種類に応じて最大20,000ポイントプレゼント!
  • SIMのみでも他社からの乗り換えなら、15,000ポイントプレゼント!

単純に「クレジットカードが持てない」というだけの人には楽天モバイルがおすすめです。なぜなら楽天モバイルは口座振替やデビットカードでの支払いに対応しているからです。

口座振替の場合は引き落とし1件につき手数料110円がかかります。しかしデビットカードなら手数料無料で利用できます。対応しているカードは「スルガ銀行デビットカード」「楽天銀行デビットカード」に限られますが、どちらも審査なしで発行でき、手数料は無料です。

特に楽天銀行デビットカードのJCBブランドなら、楽天カードと同様に100円の支払いにつき楽天ポイントが1ポイント貯まります。したがってクレジットカードがない人には楽天モバイルを楽天銀行デビットカード(JCB)で支払うのが最もお得でおすすめです。

さらに楽天モバイルは料金的にもおすすめできる携帯会社です。まず料金プランは月間の使用データ容量に応じて、以下の4つのいずれかが毎月決まります。

楽天モバイルの料金プラン(税込)
月間データ通信量 料金
〜1GB 無料
〜3GB 1,078円
〜20GB 2,178円
20GB超過 3,278円

:月間のデータ利用量に応じて毎月の料金が変動する

また、楽天モバイルユーザー専用のRakuten Linkアプリを使って電話をかけると、通話料金が無料になります。したがって毎月1GB以下のデータ使用量を維持した場合、無料で電話かけ放題回線を運用できるのが他社にない強みです。

ただし楽天モバイルはエリアによって使えるデータ容量の上限が異なったり、回線の品質が他社に劣るな、対応していないスマホがあるなどのデメリットもあります。とはいえ契約も解約も手数料無料なので、気になる場合は契約してみても良いでしょう。

\一度落ちても諦めんな!/

  • 月間データ使用量が1GB以下なら料金無料
  • 審査は甘い可能性が高いので、審査落ち=現住所不一致等の可能性高し
  • 契約から解約まで一切の手数料が無料

UQモバイル:通信速度がトップクラス

UQモバイル
画像引用元:UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM

UQモバイルキャンペーン情報
  • SIM単体契約で最大10,000円キャッシュバック!ガラスコーディング(1,100円)の同時申し込みなら最大12,000円キャッシュバック!
【最新情報を公式サイトでチェック】
▶︎ UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM

UQモバイルも楽天モバイル同様に、口座振替での支払いに対応しています。候補の1つに入れても良いでしょう。

そしてUQモバイルは格安SIMの中でも通信速度がトップクラスに速く、満足度を得やすいことがメリットに挙げられます。ただし、料金は他社よりも若干高額です。

主要格安SIMの音声通話SIM料金比較
プラン みおふぉん mineo BIGLOBEモバイル UQモバイル ワイモバイル
1GB - 1,298円 1,078円 - -
2GB 858円 - - - -
3GB - - 1,320円 1,628円 2,178円
4GB 1,078円 - - - -
5GB - 1,518円 - - -
6GB - - 1,870円 - -
8GB 1,518円 - - - -
10GB - 1,958円 - - -
12GB - - 3,740円 - -
15GB 1,848円 - - 2,728円 3,278円
20GB 2,068円 2,178円 5,720円 - -
25GB - - - 3,828円 4,158円

また、くりこしプランMとLについては、ギガを使い果たした後でも最大1Mbpsの速度で通信し続けることが可能です。そこまで考えると他社よりもコストパフォーマンスは高いと言えます。安心感を得たい人には最もおすすめします。

\通信速度はトップクラス/

  • 口座振替での支払いが可能
  • KDDIのサブブランドであり回線速度は高速
  • 余ったデータ容量は翌月に繰越

格安SIMは審査なしも同然だからしっかり選んで決めよう

とにかく「格安SIMの審査恐るるに足らず」がこの記事で一番言いたいことです。普通にやってりゃ落ちませんし、もしも落ちたなら現住所等が間違っています。借金があろうが自己破産してようが無職だろうが、それらが理由で審査に落ちることはまぁあありません。

単純に料金や通信速度で比較して、最も自分に適していると思われる業者に申し込んでみるのが一番良いと思います。ちなみにいわゆる「多重申込」みたいなペナルティもないので、例え審査に落ちたとしてもすぐまた別の会社に申し込んでOKです。

主要格安SIMの通信速度比較(7/29-8/4の平均値)
計測時間
ワイモバイル 2.3Mbps 3.4Mbps 2.0Mbps 1.9Mbps
UQモバイル 18.5Mbps 14.5Mbps 14.0Mbps 14.1Mbps
mineo 6.5Mbps 2.7Mbps 4.6Mbps 5.3Mbps
BIGLOBEモバイル 5.3Mbps 11.0Mbps 5.5Mbps 6.5Mbps
イオンモバイル 6.7Mbps 2.6Mbps 4.9Mbps 5.6Mbps
IIJmio 6.5Mbps 2.7Mbps 4.6Mbps 5.3Mbps

:計測データは格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.ioから引用

キャンペーン開催中のおすすめ格安SIM
UQモバイル

通信速度最強
  • キャリア並みの通信速度
  • くりこしプランM/Lなら制限時も最大1Mbpsで通信可能
  • 余ったデータは翌月に繰越
UQモバイルキャンペーン情報
  • SIM単体契約で最大10,000円キャッシュバック!ガラスコーディング(1,100円)の同時申し込みなら最大12,000円キャッシュバック!
【最新情報を公式サイトでチェック】
▶︎ UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM
mineo

mineo(マイネオ)

価格も速度もバランスが良い
  • 5GB/月が1,518円(税込)と安め
  • パケット放題Plusオプション加入で最大1.5Mbpsで使い放題
  • ギガ不足時のチャージが100MB55円と激安
【11月30日まで】mineoのキャンペーン情報
  • 期間中に「パケット放題 Plus」に申し込むと2ヶ月分のオプション料金が無料に
楽天モバイル

1GB以下なら無料+通話料無料
  • 3ヶ月間料金無料
  • Rakuten Linkからの発信で通話料無料
  • 月間データ使用量に応じて0〜3,278円に
【期間未定】楽天モバイルキャンペーン情報
  • 3ヶ月間料金無料でデータ通信使い放題!
  • Rakuten Linkアプリを使って10秒以上通話+メッセージ1回の送信で5,000ポイントプレゼント!
  • Androidスマホとのセット契約なら、端末種類に応じて最大20,000ポイントプレゼント!
  • SIMのみでも他社からの乗り換えなら、15,000ポイントプレゼント!
関連記事