楽天モバイル審査落ちの理由はこの2つ!対策方法を教えます

楽天モバイルの審査はクレジットカードやローンの審査と比較するととても簡単です。審査落ちの理由は主に「携帯ブラック(=料金滞納の上強制解約の経験者)に該当した」「書類不備があった」のどちらかです。つまり、携帯ブラックに心当たりがなければ書類不備が審査落ちになった可能性が高いので、再申し込みすれば契約できる見込みがあります。

また、万が一携帯ブラックだったとしても対策することで楽天モバイルを含め携帯会社と契約することは可能です。審査落ちの原因や対策方法を解説していきます。

吹き出しアイコン

ウサミミ
「審査」って聞くと厳しいイメージがあるけど、そもそも携帯は生活必需品なので、そんな厳しい審査は行いません。

おすすめ携帯会社

キャンペーンが魅力

楽天モバイル

月間データ使用量が無制限。料金はデータ使用量に応じて毎月1,089円〜3,089円の間で決定。iPhoneの契約で最大24,000円相当のポイント還元

審査が不安なら

IIJmio

不払者情報の交換に参加していないため、現役の携帯ブラックでも審査に通る可能性あり。eSIMプランは2GB440円(税込)からと安い。6ヶ月間440円引き

月額990円で使い放題

mineo

「マイそく」プランなら音声通話+最大1.5Mbps(990円)/最大3Mbps(2,200円)の使い放題プランを契約可能(平日12時台は制限あり)。6ヶ月間330円引き

楽天モバイルの審査に落ちる2つの理由

早速、楽天モバイルの審査に落ちる理由を紹介していきます。おそらく主な原因はこれから紹介するこの2つだけと言って良いでしょう。

1.乗り換え時の情報の不一致

他社から乗り換え(MNP) | お客様サポート | 楽天モバイル
画像引用元:他社から乗り換え(MNP) | お客様サポート | 楽天モバイル

そもそも楽天モバイルに限らず、携帯会社の審査に落ちるのってのは珍しい話です。それでも審査に落ちる人が一定数いるのは、この情報の不一致が原因だと思います。

携帯会社を乗り換える際、乗り換え前と乗り換え後で入力した住所や名義などが異なると、審査に落ちます。変更があった場合は必ず先に乗り換え前の会社で最新情報に変更してから乗り換えましょう

新規申し込みの際に書類不備とかがあれば、その旨を教えてくれることがほとんどなんですが、MNPの場合は一発勝負となり、住所の不一致等があれば改善を要求するのではなく、審査に落としちゃうんですね。乗り換えの際にはご注意ください。

2.強制解約履歴がある

携帯料金を長期滞納して強制解約されると、その履歴がTCAまたはTELESAという機関によって管理されます。そしてこれらに加盟している会社同士で情報を共有できます。楽天モバイルもこれに加盟しているため、例え楽天モバイルに申し込むのが初めてでも、他の会社で強制解約された経験があれば審査に落ちます

携帯料金を踏み倒している人なんて余程多くはないと思いますが、もしも該当する人はTCA、TELESAに加盟していない携帯会社を選びましょう。

結論:強制解約履歴さえなければ再申し込みしてもOK

もしも強制解約された経験がなければ、書類不備での審査落ちが考えられます。その場合は楽天モバイルに再申し込みしてもOKです。もちろん審査落ち後すぐ再申し込みしたとしてもペナルティはないので安心してください。

\一度落ちても諦めんな!/

楽天モバイル

  • 月間データ使用量に応じて料金が変動
  • 審査は甘い可能性が高いので、審査落ち=現住所不一致等の可能性高し
  • 契約から解約まで一切の手数料が無料
楽天モバイルキャンペーン情報
新規契約で8/31までは「データ使用量1GB以下」なら料金無料!さらに9月と10月は「データ使用量1GB以下」で1,080円相当の楽天ポイント付与で実質無料!
①条件クリアで最大19,000円相当の楽天ポイントプレゼント
【iPhone限定】新規契約+Rakuten Link利用+iPhoneアップグレードプログラム利用でのiPhone購入で最大24,000ポイント還元の超絶キャンペーン開催中!詳細はコチラ

  • 契約の翌月末までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話で3,000ポイントプレゼント!
  • 対象のAndroidスマホとのセット契約で最大16,000ポイントプレゼント!
キャンペーン期日:未定

一方で強制解約された経験があるのなら、それでも審査に通ることができる携帯会社に申し込まなければいけません。楽天モバイルはTCA・TELESAに加盟しているため強制解約履歴があると審査に落ちますが、他社なら強制解約履歴があっても審査に通ることがあります。

吹き出しアイコン

ウサミミ
「名義の不一致もないし強制解約履歴もないのに審査に落ちた!」という場合は審査落ちする理由がちょっと浮かびませんね…。申し込んで審査に落ちたとしても特にペナルティはないので、そういう場合は通るまで手当たり次第に申し込んじゃっても良いかなと思います。

楽天モバイルの審査に落ちた人におすすめする携帯会社2選

そんな楽天モバイルですけども、書類に不備などはないし強制解約されたこともないのに審査に落ちる、という場合はもう諦めて別の会社に申し込むしかないでしょう。楽天モバイルの審査に落ちた人におすすめできる会社を2社紹介するので、参考にしてください。

IIJmio:20GBプランでも2,000円と格安

ギガプラン登場記念キャンペーン | IIJmio
画像引用元:ギガプラン登場記念キャンペーン | IIJmio

IIJmioはTELESAに加盟していますが、「不払者情報の交換」には参加していません。つまり、他社での強制解約履歴を参照しないため、強制解約履歴がある人でも審査に通る可能性があります。

しかもIIJmioは格安SIMの中でも料金が安く、20GBでも2,000円(税込)です。これは楽天モバイルだけでなくahamopovoなど大手の格安プランよりも低価格です。

主要格安SIMの音声通話SIM料金比較
プラン IIJmio mineo BIGLOBEモバイル UQモバイル ワイモバイル OCNモバイルONE
500MB - - - - - 550円
1GB - 1,298円 1,078円 - - 770円
2GB 850円 - - - - -
3GB - - 1,320円 1,628円 2,178円 990円
4GB 990円 - - - - -
5GB - 1,518円 - - - -
6GB - - 1,870円 - - 1,320円
8GB 1,500円 - - - - -
10GB - 1,958円 - - - 1,760円
12GB - - 3,740円 - - -
15GB 1,800円 - - 2,728円 3,278円 -
20GB 2,000円 2,178円 5,720円 - - -
25GB - - - 3,828円 4,158円 -

通信速度に関しても十分出るので、コストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

IIJmioの平均速度(3-5月)
計測時間 Ping ダウンロード アップロード
朝(5:00~8:59) 57.54ms 59.12Mbps 10.73Mbps
昼(12:00~12:59) 106.96ms 21.31Mbps 9.62Mbps
夜(20:00~22:59) 66.67ms 46.61Mbps 10.53Mbps

IIJmio(みおふぉん)の速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中! | みんなのネット回線速度(みんそく) から引用

吹き出しアイコン

ウサミミ
個人的にもIIJmioは愛用しています!通話料金が30秒で11円(税込)と、一般的な料金の半額なのも嬉しい!
\楽天モバイルがダメでも審査通過の可能性あり/

IIJmio

  • 不払者情報が共有されないので携帯ブラックでも審査通る可能性あり
  • 料金プランが格安!8GBプランでも1,500円(税込)
  • au回線プランなら混雑する昼間も遅くなりにくい
IIJmioキャンペーン情報
新規契約で6ヶ月間月額440円割引!さらに初期費用1,100円引き!(3,300円→2,200円)(eSIMプランは550円に)!
キャンペーン期日:2022/08/31

リンクスメイト:38通りのプランが魅力

LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM
画像引用元:LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

リンクスメイトを運営している株式会社LogicLinksは、TCAにもTELESAにも加盟していません。そのため未払い情報が共有されないので、他社で未払いがある人でもリンクスメイトなら審査に通る可能性があります。

また、リンクスメイトはデータ容量に応じて38通りの料金プランがあります。最小100MBから最大1TBまで選べるので、自分の欲しいデータ容量に応じて過不足なく選ぶことができるでしょう。また、随時翌月以降のプランを変更することもできます。

リンクスメイト1〜10GBの料金プラン(税込) ※抜粋
データ容量 データのみ SMS 音声通話
1GB 385円 517円 737円
2GB 418円 550円 770円
3GB 550円 682円 902円
4GB 726円 858円 1,078円
5GB 858円 990円 1,210円
6GB 990円 1,122円 1,342円
7GB 1,111円 1,243円 1,463円
8GB 1,254円 1,386円 1,606円
9GB 1,353円 1,485円 1,705円
10GB 1,518円 1,650円 1,870円

リンクスメイトは新規事務手数料が無料:
リンクスメイトは2021年に大幅リニューアルしました。まず新規事務手数料3,300円(税込)が無料になりました。また、料金プランが大幅に値下げされました。5GBで1,210円(税込)は結構安いぞ。

さらにリンクスメイトの強みが、月額550円(税込)のカウントフリーオプションに申し込むと、対象ゲームアプリのデータ消費が90%以上カットされることです。無制限ではありませんが、ゲームのデータ通信でギガがなくなるのを防げるでしょう。さらにカウントフリーオプションに加入することで、様々な対象ゲームで使える特典もゲットすることができます。

過去に携帯会社で滞納をやらかした人だけでなく、ゲーム特典に魅力を感じる人にもリンクスメイトがおすすめです。

\TCA・TELESA非加盟で不払者情報が共有されない/

リンクスメイト

  • 滞納履歴が共有されない
  • データ容量に応じて38通りの料金プランあり
  • クレジットカードなしでの契約が可能

確認:携帯会社が行う審査について知っておこう

ここからは改めて、楽天モバイルや上記の2社を含め、契約にあたってどのような審査が行われるのかを解説します。主に3種類の審査があります

申込情報の審査

携帯会社と契約する際、名前を入力したり、本人確認書類をアップロードしたりします。この内容も審査項目の1つとして使われます。審査と言うよりも確認と言った方が適切かもしれません

しかしこの審査、ナメてかかってはいけません。上述したように、MNPの際に乗り換え前の会社で入力した名前や住所が乗り換え後に入力した情報と一致しなければ審査に落ちます。結構引っかかりやすいポイントなので要注意。

強制解約の審査

携帯料金を支払わないまま滞納し、契約が解除された場合、TCAやTELESAという団体が管理している「不払者情報」に掲載されてしまいます。そして各携帯会社は契約の際にこの「不払者情報」を確認します。

これによって、過去に携帯料金を滞納して契約が解除された場合は確実に審査に落ちます。

不払者情報から削除されるには?:

  • 未払料金を完済する
  • 契約解除から5年経過するのを待つ

どちらかに該当することで、不払者情報から削除されるため、以降は審査に通るようになります。

スマホの分割購入の審査

通常、携帯会社と契約するために行われる審査は先に紹介した2つだけです。しかしスマホを分割で契約した場合のみ、分割契約の審査も行われます。分割契約の審査では「個人信用情報」なるものをチェックされます。

個人信用情報とはCIC、JICC、JBAとかいう団体が管理している個人データのことです。ここにはクレジットカードや各種ローンなどの金融商品の支払い履歴が記載されていて、それぞれの団体に加盟している会社が閲覧することができます。

支払いが61日以上もしくは3ヶ月以上遅れたり、自己破産によって免責を受けたりすると、支払い履歴に「異動」という文字が掲載されます。この「異動」という文字がある人は「過去にやらかしたやつ」を表すので、個人信用情報を確認して「異動」がないかチェックするのです。

なお、この審査で落ちてもスマホの分割購入ができないだけであり、携帯会社との契約自体はできると思います。

借金や破産者でも携帯電話の審査には通る

借金があったり、過去に自己破産した経験がある人いわゆる「ブラックリスト入り」だったりする人も、携帯会社の審査には通ります

なぜなら申し込み時に借金情報を入力することがないし、個人信用情報も分割契約以外では確認されないからです。「ブラックリスト入り」だろうが関係ないわけです。

携帯ブラックと金融ブラックの違い
項目 携帯ブラック 金融ブラック
条件 携帯料金の滞納による強制解約で該当 クレジットカードやキャッシングなどの返済を61日もしくは3ヶ月以上滞納すると該当
悪影響 携帯会社の審査に通らなくなる クレジットカードやローンの審査に通らなくなる

楽天モバイルの審査基準は他社より甘い?厳しい?

楽天モバイル
画像引用元:楽天モバイル

携帯会社の審査は楽天モバイルに限らず、だいたいどこも同じです。また、いずれの会社も審査落ちの条件は同じで、「住所の不一致があると落ちる」「強制解約履歴があると落ちる」の2通りくらいだと思います(「反社に該当する」とか細かく見ればもっとありますが)。

携帯会社の審査は、クレジットカードなどのような裁量での審査ではなく、ダメなポイントがないかの確認の審査なので、例えば全く同じ内容で申し込んだ結果Aという携帯会社では落ちたけどBでは通った、というケースはあまりないと思います。

ただ楽天モバイルはとにかくユーザーを集めたいと考えている会社なので、もしかしたら多少問題があっても目を瞑ってくれる可能性はあります。あくまで推測ですけどね。もしかしたら今一番審査が甘い会社かもしれません。

\一度落ちても諦めんな!/

楽天モバイル

  • 月間データ使用量に応じて料金が変動
  • 審査は甘い可能性が高いので、審査落ち=現住所不一致等の可能性高し
  • 契約から解約まで一切の手数料が無料
楽天モバイルキャンペーン情報
新規契約で8/31までは「データ使用量1GB以下」なら料金無料!さらに9月と10月は「データ使用量1GB以下」で1,080円相当の楽天ポイント付与で実質無料!
①条件クリアで最大19,000円相当の楽天ポイントプレゼント
【iPhone限定】新規契約+Rakuten Link利用+iPhoneアップグレードプログラム利用でのiPhone購入で最大24,000ポイント還元の超絶キャンペーン開催中!詳細はコチラ

  • 契約の翌月末までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話で3,000ポイントプレゼント!
  • 対象のAndroidスマホとのセット契約で最大16,000ポイントプレゼント!
キャンペーン期日:未定

楽天モバイルは口座振替やデビットカードでも支払い可能

クレジットカード・デビットカード | お支払い方法 | お客様サポート | 楽天モバイル
画像引用元:クレジットカード・デビットカード | お支払い方法 | お客様サポート | 楽天モバイル

「ブラックリスト入り」している人は、クレジットカードが持てないという別の問題を抱えます。そして格安SIMの場合、そのほとんどが料金の支払いをクレジットカードで行うことになります。つまり、クレジットカードを持っていないと契約できないのです。

しかし楽天モバイルは口座振替で支払うことができます。ただし口座振替の場合は、1回につき110円(税込)の手数料がかかります。他にも楽天銀行デビットカード、もしくはスルガ銀行デビットカードでも支払い可能です。こちらは手数料無料なので、よりおすすめです。

吹き出しアイコン

ウサミミ
最もおすすめなのは断然楽天銀行デビットカード(JCB)!口座振替のような手数料がかからないし、なんなら支払い金額100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まるので楽天カードと同じく還元率1%でお得。16歳以上なら審査なしで誰でも発行できるので、ブラックの人には最適です。

またLINEMOも口座振替で支払いが可能なのでおすすめです。手数料も無料です。LINEMOは20GBで2,728円(税込)とコスパが高く、さらにソフトバンクと同等の回線を使っているので速度が速く、結構おすすめです。

LINEMOの料金プラン(税込)
プラン名 データ容量 料金 超過時速度
ミニプラン 3GB 990円 最大300Kbps
スマホプラン 20GB 2,728円 最大1Mbps
\コスパ最強/

LINEMO

  • ソフトバンクの格安プランで、ソフトバンク同等の回線が使える
  • 契約・解約手数料無料!縛りなし
  • 20GBと3GBの2種類のプランを使い分け可能
LINEMOキャンペーン情報
新規契約で最大10,000円相当のPayPayポイントプレゼント(ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外)!さらに5分間のかけ放題オプションが1年間無料!

  • スマホプラン(MNP契約):10,000円相当
  • スマホプラン(新規契約):3,000円相当
  • ミニプラン(MNP/新規):毎月990円相当を6ヶ月間(LINEMOはPayPayポイントで料金を払えるため半年間実質無料!
キャンペーン期日:未定