Amazonを利用していると、「いつの間にかプライム会員に登録されていて、会費が勝手に引き落とされる」ということがあります。

もちろん天下のAmazonが本当にユーザーの同意なく勝手に課金することはありません。しかし、ボタン1つ押すだけで会員登録に同意したとみなされることがあります。ユーザーとしては「いつの間にか課金されてる」感覚になってしまうわけです。

勝手に課金されるのを防ぐ方法・Amazonプライムをキャンセルする方法を紹介していきます。

吹き出しアイコン

ウサミミ
こうしたオプションの加入では、長々した利用規約を読まされるのが当たり前で、だからこそ誤契約のリスクは低いし、もしやってしまっても自分が悪かったと諦めがつくでしょう。一方でAmazonの場合、ワンクリックだけでプライム会員に登録されてしまいます。便利ではあるけど、不要な人にとっては罠としか言いようがない。

ひどいぞAmazon!勝手な課金を防ぐ方法

勝手にAmazonプライム会員になる原因は、注文時にあります。例えば配送オプションの選択時に、「お急ぎ便が無料」などの記載がされていることがあります。これを選んで注文すると、無料でお急ぎ便が利用できます。

一見、とても嬉しい特典に見えます。しかしこれはあくまでも「Amazonプライム会員に登録して、お急ぎ便を利用する」ということです。つまりこの選択をすると、お急ぎ便を利用できる代わりにAmazonプライム会員への登録が完了します。

吹き出しアイコン

ウサミミ
この辺の説明がほとんどなく、単にAmazonプライムのロゴが掲載されているだけとかです。これで引っかかってしまう人が多い様子…!

自分がプライム会員かどうかを簡単に見分ける方法:
プライム会員になると、左上のロゴに「Prime」の文字が表示されます。Amazonにアクセスする際には左上を見て、自分の会員ステータスを確認しましょう。

Amazonプライムはサービス利用前なら返金してもらえる

いつの間にか契約してしまった場合でも、返金してもらえる可能性があります。まずAmazonプライム会員になってもいきなり課金されるわけではなく、まずは30日間のお試し期間があります。したがって、この期間内なら無料で解約することができます。

また、30日を経過した後でも、プライム会員の特典を利用していなければ全額返金してもらえます。30日経過した上、プライムサービスを利用してしまった場合は、これまでの日数分を除いた金額を返金してもらえます。

Amazonプライムの会費は4,900円/年か500円/月:
Amazonプライムの料金は年払いだと4,900円、月払いだと500円です。いずれにしろ、解約した場合は利用日数分の日割り料金を除いて返金されます。

ちなみに、「お急ぎ便を使って商品を注文」した場合は、プライムサービスを利用したと見なされます。プライム会員になるとデフォルトの注文方法がお急ぎ便になるので、注意深く注文しないと、これまた勝手にプライムサービスを利用したということで、その日までの料金は返金対象外となります。

吹き出しアイコン

ウサミミ
プライムビデオの利用とかだけじゃなくて、いつも通り注文したつもりでもプライムサービスの利用者となってしまうので注意…!

AmazonプライムはやめてOK!俺は必要な時だけ課金する

というわけで、こんなひどい仕様のAmazonプライムは解約してしまいましょう。自分自身、昔は利用していましたが、プライムビデオも使わないし、配送スピードもそんなに速くなくて良いので、解約してしまいました。

ただし、プライム会員だとプライムデーなどのセールに参加できることがあります。そういう時に目当ての商品があれば、その時だけプライム会員になるのが賢い方法だと思います。