志村けんも出てたよね
志村けんも出てたよね

「一番好きな映画は何か?」と聞かれれば「ターミネーター2」と答えます。というわけで北海道は夕張、幸福の黄色いハンカチのラストシーンのロケが行われた場所に来ました。もちろん映画のロケ地という言わば聖地でもあるんですが、数少ない夕張炭鉱の名残の地でもあります。

サクッと見てきたので、ご紹介します。

映画の思い出が詰まった施設

途中に夕張鉄道の廃線跡もあったよ
途中に夕張鉄道の廃線跡もあったよ

田舎!夕張です。夕張と言えばご存じ、炭鉱です。映画幸福の黄色いハンカチの主人公も元炭鉱夫であり夕張に住んでいた、という設定です。そんなわけで、夕張の中でも山の奥の方に行きます。

ラストシーンのロケ地
ラストシーンのロケ地

入場料550円を払って進むと出ました!幸福の黄色いハンカチラストシーンのロケ地です。これらの住宅はおそらく、元々実際に炭鉱住宅として使われていたものだと思います。映画のシーンではこの住宅だけでなくいくつかの住宅があったと記憶していますが、残念ながら現存しているのはこの1棟だけ。

「希う」と書いて「こいねがう」と読む
「希う」と書いて「こいねがう」と読む

内部も見学可能です。

黄色いフセン
やりすぎ

うわっ!その室内は黄色いハンカチならぬ黄色い付箋が隙間なく貼り付けられています。絵馬みたいに願い事などが書かれていました。

日産ファミリア
緑の中を走り抜けてく真っ赤な…

ロケで使われた日産ファミリアです。撮影では2台のファミリアが使われて、もう1台はスタッフに払い下げられたそうです。よかったね笑

このように映画の裏話などの展示がありました。一方で炭鉱住宅としての名残はほとんどなさそうでした。

ほら!あれ!

青い屋根が素敵
青い屋根が素敵

再び外に出て奥の方に目をやれば。

ハンカチを見つけたときのBGMと男はつらいよの主題歌は出だしが同じ
ハンカチを見つけたときのBGMと男はつらいよの主題歌は出だしが同じ

ちゃーん!

俺には待っててくれる人はいない
俺には待っててくれる人はいない

チャララ〜♪

てな感じで、黄色いハンカチが映画さながらはためいてました。ちなみにハンカチの撮影時に大型扇風機で風を起こしてはためかせようとしたものの、うまくいかず。いい感じの風が吹く日を数日粘ったそうです。

ハママツカフェで夕張メロンを食べる

暑い日にはメロンが染みるぜ
暑い日にはメロンが染みるぜ

幸福の黄色いハンカチ想い出ひろばに入場する際、ハママツカフェで料金を支払います。ここは元々浜松理容院という場所だったそうです。この日はとても暑かったので夕張メロンを頂きました。瑞々しくて美味しかった。

しかし気づかなかったんですが、もう少し奥の方まで行けば一般の炭鉱住宅跡もあったんですね…。見に行けばよかった。

不思議な炭鉱建築

この日本で、「炭鉱」と関わることはほとんどないと思います。多くの炭鉱が閉山し、関連施設も取り壊されています。そんな中、福岡県にある志免炭鉱は巨大な施設が市街地に現存しています。一度見たら忘れられない珍建築をご覧ください。

この記事の撮影機材
カメラ:α7C

幸福の黄色いハンカチ想い出ひろばの詳細情報

公式サイト:福の黄色いハンカチ想い出ひろば | 黄色いハンカチ想い出ひろば
住所:〒068-0422 北海道夕張市日吉5
電話番号:0123577652
場所:Googleマップで見る

営業時間:
入場料:550円
駐車場:あり

備考:建物内はすごく暑い

関連記事