早朝の恐山
早朝の恐山やで

毎年誕生日になると恐山を参拝する活動を始め、今年で6回目。気がつけば今年も恐山を参拝していました。

今年も去年と同じくバイクで訪れて矢立キャンプ場の格安ロッジで前泊し、当日は2年前と同じく恐山宿坊「吉祥閣」に宿泊するというコースで行ってきました。というわけで吉祥閣の宿泊記録を中心に紹介していきます。

恐山のふもと矢立キャンプ場で格安ロッジに宿泊

矢立キャンプ場の格安ロッジ
三角屋根のかわいいお家

おそらく恐山に最も近い宿泊場。「むつ矢立温泉」という施設です。簡素っぽいんですが温泉宿に宿泊できます。素泊まり4,000円かな?でもそれだけでなくて、「矢立キャンプ場」ってのも併設されています。

キャンプ場は300円で宿泊でき、さらに写真の通りバンガローでの宿泊なら1,500円で宿泊できます。布団はないんですが床暖房があって快適です。詳しくは去年の記事をご覧ください。

バイクで行くぜ恐山

CB250Rで恐山へ
CB250Rで恐山へ

今年も去年と同じく恐山へのアクセスはバイクでした。去年はキャンプしながらの移動でかなり大変でしたが、今年はADDressやHafHのおかげでかなり快適な移動になりました。

恐山を空から見てみよう
恐山を空から見てみよう

毎年梅雨の時期に参拝しているので、時には悪天候の中参拝することもあるのですが、今年は晴天でした。恐山はある程度山の中にあるので、気温も下がります。2年前かな?激寒だったこともありました。でも今年は快適。

恐山の宿坊「吉祥閣」に宿泊

恐山境内
恐山境内

恐山には吉祥閣という宿泊施設があります。予約方法は電話予約のみで、一週間前までの連絡が必要です。

宿泊プランは1泊2食付き12,000円のみ。ただしお祭り期間は別途となるようです。営業期間は5/1〜10/31まで(それ以外の時期は恐山自体が閉山する)。また、施設は境内にあるので、入山料として500円が別途必要になります。

支払いは現地での現金決済のみ。恐山って火山ガスとかの影響で電子機器の寿命が短く、クレジットカードの読取端末とかも置きたくないんだって!

吉祥閣エントランス
吉祥閣エントランス

吉祥閣はわりと数年前くらいに作られたので、かなり綺麗です。設備も特に気になる点はありません。

ちなみに現在休憩所として使われているところが以前の宿坊だったっぽいです。そっちはもうまるっきり寺の宿坊って雰囲気ムンムンなので、ぜひ見学してみてください。

吉祥閣客室
吉祥閣客室

客室はガチで広いです。2部屋あるので6人くらいでも余裕で寝れます。ただし、テレビはありません。また、ネット回線は窓付近だとギリギリ届くかなくらいです。本を持っていくなどオフラインでも時間を潰せる準備をしておいた方がいい。

別角度から吉祥閣
客室に風呂はない

この吉祥閣に宿泊する魅力は3つあると思います。

  • 閉門後の恐山を楽しめる
  • 精進料理や勤行といった仏教ライフが体験できる
  • 温泉にじっくり入れる

1.閉門後の恐山を楽しめる

早朝恐山の参道
早朝恐山の参道

恐山は18時で閉門を迎えます。しかし、宿泊客は18時以降も恐山を参拝することが可能です。したがって、夜または早朝の、誰もいないし暗くて雰囲気抜群の恐山を楽しめます。ただ24時間遊べるわけではなく、22時〜4時くらいの間は吉祥閣が施錠されるため、この時間内は外出できません。

2.精進料理や勤行といった仏教ライフが体験できる

吉祥閣の精進料理
吉祥閣の精進料理

宿泊日の夕食と、翌日の朝食は食堂に宿泊者が集まって、みんなでご飯を食べます。メニューは精進料理であり、肉や魚を使いません。ただ品数は多く、味付けもきちんとされているので満足度は高いです。

いただきます(ロングバージョン)
いただきます(ロングバージョン)

いただきますの前にはお坊さんから説法を受けます。食物を育ててくれた人や作ってくれた人たちに感謝したり、そもそも自分はこのご飯を頂くだけの価値があるのかとか、そういう感じの意味らしい。こういうのは普段意識しないけど、改めてやってみると良いですね。自分への戒めになります。学校教育でも取り入れた方がいい。

黒豆

お箸には「霊場恐山」と刻まれていて、この箸は使った後持ち帰り、翌日の朝食で再び使います。また、チェックアウト後に持ち帰ることも可能です。

精進料理(朝食)
精進料理(朝食)

こちらは朝食。朝食も豪華で美味しい。

綺麗な廊下を行く
朝のお勤め

朝食後、1時間程度お勤めがあります。お坊さんの読経を聞くだけで、座禅組んで動いたら肩叩かれたりするわけじゃありません。

3.温泉にじっくり入れる

温泉
あの白い三角屋根が温泉

恐山と言えば温泉。境内にも男湯、女湯、混浴と3つの温泉小屋が設置されていて、参拝客なら宿泊しなくても入れるようになっています。ただし、いずれも「小屋」であって、洗い場はないし狭くて、のんびり楽しめるとは言い難い環境です。

安心してほしい、混浴ではない
安心してほしい、混浴ではない

しかし吉祥閣にある温泉ならばもっと広く、洗い場もあります。心ゆくまでまったりと恐山独特の泉質を楽しめます。

恐山の温泉は危険度高い
恐山の温泉は危険度高い

ただし!恐山の温泉は強い酸性です。なので温泉で顔を洗ったり、長時間浸かったりしてはいけません。要注意!

2021年の恐山

三途の川
三途の川

というわけで言いたいことは終わりました。あとは恐山の風景をご覧ください。

恐山唯一の食堂
恐山唯一の食堂

境内前には食堂があるので、ここで昼食をとることもできます。個人的にはざるラーメンが鉄板です。

火山ガス吹き荒れる
火山ガス吹き荒れる

相変わらずそこかしこからガスが噴出しています。

恐山には風吹くばかり
恐山には風吹くばかり

一人さまよう。

砂丘
砂丘

さまよう…。

地蔵堂へ
地蔵堂へ

湖近くにある地蔵堂。

子供の遺品
子供の遺品

中には故人の遺品が多数備えられています。

湖には今日も誰かが飾った花が揺れる
湖には今日も誰かが飾った花が揺れる

終わりです。

元々誕生日に恐山参拝するきっかけは、「生まれた日だからこそ死ぬ時のことを考えて死者の魂が集まる恐山に行こう」だったんですが、今となってはもうレジャーの1つとしてすっかり楽しんじゃってます。来年もやるの?

この記事の撮影機材
カメラ:α7C

恐山吉祥閣の詳細情報

公式サイト:宿坊「吉祥閣」のご案内 | 霊場恐山(れいじょうおそれざん)公式サイト
住所:〒035-0021 青森県むつ市田名部宇曽利山3−2
電話番号:+81175223825
場所:Googleマップで見る

営業時間:6時〜18時
入場料:500円
駐車場:無料でたくさんあり

備考:むつ駅からバスも出てるよ

関連記事