高速道路からだとより目立つ謎のお堂
高速道路からだとより目立つ謎のお堂

夜に能越自動車道を走ると、富山県高岡市に入ったところで西側にライトアップされた大観音が見えます。田舎の山の中で照らされる大観音の存在は結構異質で、とても心に残った光景でした。

残念ながらそのライトアップされてる時の写真はないのですが、晴れた日の日中にその大観音を訪れてみたので、その様子をご覧ください。

富山県高岡市の信光寺

突撃☆信光寺
突撃☆信光寺

やってきました信光寺。公式ホームページはありませんでしたが、全体的に比較的綺麗で、新しめな印象のお寺です。

狭い範囲で日本一の仁王像
狭い範囲で日本一の仁王像

こちらがお寺への入り口で、仁王像が控えています。「一石彫日本一」と書いてありました。「一石彫という手法で作られた仁王像の中で日本一の大きさ」なんだと思います。地区大会優勝的な…。

観音様に見守られる霊園
観音様に見守られる霊園

んで、霊園を横目に階段を上がっていくと、大観音が見えてきます。この観音様、正式名称は龍梅大観音で、このお寺に伝わる龍梅伝説ってのが下地になっているそうです。

おそらく龍が置いてった梅の子孫
おそらく龍が置いてった梅の子孫

伝説の内容については簡単にまとめると「人を呪いこしてしまった龍が懺悔のためお寺で祈ってると、和尚さんが救ってくれた。龍はそのお返しに梅をあげた。」ってな感じです。だいぶ端折ってますが。

そんなわけなので境内には梅っぽい木がたくさんありました。

箱入り観音
箱入り観音

敷地の中でも最も高い場所に観音様がいます。

封印されし金ピカ観音
封印されし金ピカ観音

元々野ざらしで、後からこのようなスケスケ御殿が建てられたようです。

上から見守る大観音

拝んでみた
拝んでみた

拝んどきました。台座込みで7、8メートルくらいかな?

建物のおかげでより大きく見える
建物のおかげでより大きく見える

冒頭の通り、この大観音は夜になるとライトアップされます。個人的にはそのライトアップされた姿ってのを見てほしいです。特に高速道路からだと、山の中に光ってる大きな観音様の姿が浮かんでて、結構かっこいいっす。

ライトアップされてさらに豪華に
ライトアップされてさらに豪華に

Googleマップにライトアップ中の写真があったので、ご覧ください。建物全体が明るくなっているのも、また映えて良い感じなんですよねぇ。

大観音からの景色
大観音からの景色

観音様の目の前には墓地と平野が広がります。田園に見える高速道路は能越自動車道です。

この記事の撮影機材
カメラ1:α7C
カメラ2:GoPro HERO9

楽しいマイナー大観音との出会い

龍梅観音は大きさ的にもそこまでじゃないので、大仏好きの間でもマイナーなものだと思います。でもこういうマイナーなものも意外な面白さがあります。宮崎県で偶然見つけた以下の観音様もなかなか見慣れない外観をしていて興味深かったです。そして何より道を挟んだ反対側にあるユーモアたっぷりの案山子がヤバかったです。むしろ案山子メインの記事ですが、ご覧ください。

国上山観音霊園 信光寺の詳細情報

公式サイト:なし
住所:〒933-0967 富山県高岡市手洗野1589
電話番号:0766310881
場所:Googleマップで見る

営業時間:たぶんいつでも
入場料:無料
駐車場:広い

備考:霊園なので静かにね

関連記事