記事内に広告を含みます

【公式】大容量WiFi | 最大500GBプランまでご利用いただけます
画像引用元:【公式】大容量WiFi | 最大500GBプランまでご利用いただけます

「大容量WiFi」という超シンプルな名前のポケットWiFiがあります。ポケットWiFiってわりとどこも同じようなサービス内容・価格で、あんまり違いがないことも多いんですが、大容量WiFiは最大500GBのプランを扱ってるって時点でかなり独自。もう無制限でいいじゃんって気もするけど。

しかも料金が安くて、100GBだと2,900円(税込)。例えば楽天モバイルだと3,271円(税込)で無制限なんですが、100GBあれば一般的なユーザーならもう無制限も同然。それでいて単純比較はできないけど楽天モバイルよりも安いので、かなりコスパが高いポケットWiFiだと言えます。

でも「じゃあいいじゃんおすすめ!」とはならないのがポケットWiFiの怖いところ。いくつかデメリット・注意点もあるので、その辺も考慮して契約しましょう。詳しく説明していくからね。

吹き出しアイコン

ウサミミ
ポケットWiFiってとにかく罠が多くて、パッと見安く見えても色々細かい条件がついてたりする。ただこの大容量WiFiに関してはWiMAXみたいな悪質な売り方もしてないので良いと思う。

ダメなポケットWiFiの見分け方:
「業界最安級」などと宣伝しているものの、その宣伝されている料金は「3年縛りの契約期間中5ヶ月だけ適用」みたいなケースが多いので要注意。料金表記がシンプルじゃない会社はダメ。大容量WiFiはシンプルなのが良い。

100GB2,900円の激安価格

大容量WiFiの特徴・メリット

10〜500GBのプランあり!料金が安い

大容量WiFiの料金プラン(税込)
データ容量 料金
10GB 1,000円
20GB 1,500円
30GB 2,000円
50GB 2,400円
100GB 2,900円
200GB 3,900円
300GB 4,900円
400GB 5,900円
500GB 6,900円
0GB 500円

:契約時は選択不可。

いやーシンプルでわかりやすいですね。ご覧の通り、10〜500GBまで選択できます。「大容量」とは言うものの、10GBという割と少量から契約できるのがポイント。

しかも100GBでも2,900円(税込)ですからね。20GBだと1,500円(税込)。たとえばドコモのahamoだと20GBで2,970円(税込)なので、比較するとその安さがよくわかります。

吹き出しアイコン

ウサミミ
もちろん大容量WiFiはポケットWiFiなので、ahamoとは違って通話できないけどね。それでも安い。

GMO後払い対応でクレジットカード不要

大容量WiFiの支払い方法は、クレジットカードとGMO後払いの2種類があります。GMO後払いならば毎月請求書が送られてくるの、それをコンビニに持ってったり、LINE Payはd払いでスキャンして請求書払いしたりして支払います。

要するにクレジットカード持ってない人でも契約できるので、その辺が他社と違ったメリットです。

吹き出しアイコン

ウサミミ
これは格安SIMもそうだけど、ポケットWiFiはクレジットカードでの支払いに限定していることが多いから、クレカ持てない人には助かるね。
GMO後払いだと事務手数料が高くなる
  • クレジットカード払い:3,300円(税込)
  • GMO後払い:5,500円(税込)

0GBプランで解約手数料も安い

大容量WiFiの料金プラン(税込)
データ容量 料金
10GB 1,000円
20GB 1,500円
30GB 2,000円
50GB 2,400円
100GB 2,900円
200GB 3,900円
300GB 4,900円
400GB 5,900円
500GB 6,900円
0GB 500円

:契約時は選択不可。

もう一度プランを見てみると、0GBってやつがあります。これは契約後に選択できるようになる隠しプランです。これを選ぶとデータ通信は利用できないんですが、月額500円(税込)で済みます。要するに、「ジムの休会」みたいなプランですね。「来月は使わないけど契約は残しておきたい」って時におすすめです。

また、後々にも解説しますが、大容量WiFiには最低利用期間24ヶ月の縛りがあります。期間中に解約することもできますが、その場合はプラン料金1ヶ月分の解約手数料が発生します。

そのため、事前に0GBプランに変更しておけば解約手数料を500円にすることができるため、実質的にはかなりゆるい縛りだと言えるでしょう。

auとソフトバンクのMNO回線を提供

大容量WiFiが使用している回線はauとソフトバンクのMNO回線です。

いわゆる「クラウドSIM」で、物理的なSIMカードを使わない代わりに複数の回線の中から快適な回線を選択して常に提供してくれます。この辺は全て自動的に行われるため、利用者は全意識せずに常に快適な回線を利用できるってわけです。

どちらの回線もMNO回線です。まぁ損なん言われてもよくわからんと思うんですが、要するに「格安SIM用の回線ではない」ということで、理論上は普通にauやソフトバンクと契約して使っているのと変わりありません。

吹き出しアイコン

ウサミミ
ただこういうのって話半分に聞いといた方が良い。自分自身もさっき「理論上」って書きましたが、こういう「机上の空論」みたいな話が通信業界には多い。

大容量WiFiのデメリット

縛り期間が24ヶ月と長い

先にも触れた通り、大容量WiFiには縛りがあります。期間は24ヶ月なので、要するに2年間もあります。

しかし、縛り期間中でも違約金を払えば解約できます。この違約金は「プラン料金の1ヶ月分」となっています。つまり最安500円で解約できるので、そんなに厳しい縛りではありません。

吹き出しアイコン

ウサミミ
ポケットWiFiの違約金と言えば、以前は「違約金2万」とかが当たり前だったけど、法律が変わって「違約金はプラン料金1ヶ月が最大」となったよ。

解約時にポケットWiFiの返却が必要

大容量WiFi契約時には、事務手数料とは別にポケットWiFi本体代がかかります。

大容量WiFiの本体代
  • 新品(MR1):12,000円(税込)
  • 中古(GlocalMe U3):6,000円(税込)

スペックにほとんど違いがないこと、そしてどちらを選んでも解約時に返却が必要なことから、中古品で問題ないでしょう。

しかし返却前提ならこの料金はなんなんだって気持ちになります。決して安くない金額を払うのだから、買い切りにしてくれよって感じです。

また、契約中に破損や盗難等の被害を出してしまうと、機器損害金として19,800円(税込)が発生します。

プラン変更などで都度課金される

非常に珍しく、プランを変更する度に手数料がかかります。しかも1,100円(税込)となかなかの金額。

大容量WiFiの手数料
手数料 金額(税込) 説明
事務手数料
/クレジットカード払い
3,300円 -
事務手数料
/後払い(GMO)
5,500円 -
プラン変更手数料 1,100円/1回 プランを変更する度に発生
オプション変更手数料 500円/1回 オプションを変更する度に発生
機器損害金 19,800円 機器を破損したり、紛失した際に発生
解除違約金 プラン料金1ヶ月分 契約期間24ヶ月経過前の解約の際に発生

このように、月額料金が安い一方で手数料がかかる点が多く、ちょっといやらしい印象を受けます。

大容量WiFi・株式会社ルナの評判

「大容量WiFi」、そしてそれを提供している「株式会社ルナ」についての評判を調べてみましたが、SNSでも5chでもその口コミはほぼありませんでした。

0056いつでもどこでも名無しさん (ササクッテロル Spdb-yCta [126.233.80.142])
2023/03/15(水) 20:51:36.41ID:HiRCSdjPp
大容量WiFiのプラン変わったな 10〜500GBまでになってる もう解約金も1ヶ月だし他と比べても安くなった気がするな

0057いつでもどこでも名無しさん (オッペケ Sr4f-ZNbT [126.233.145.248])
2023/03/27(月) 20:10:59.00ID:J3rBciDsr
使ったけど安かったしまあまあだった

0062いつでもどこでも名無しさん (ワッチョイ 0779-CP9B [118.238.233.181])
2023/11/03(金) 19:46:54.61ID:nVTw1FBa0
今、使用料の半年分もキャッシュバックがあるキャンペーンやっているな
ギフトカードじゃなく現金っていうんがやばい
やっていけるのか?

後ほど紹介しますが、かなり大盤振る舞いなキャンペーンも開催しています。口コミにある通り、半年分の料金を現金キャッシュバックしてくれる強力なキャンペーンです。「やっていけるのか?」と心配されていますが、12ヶ月間の継続利用が条件なので、会社にとって赤字になるようなキャンペーンではありません。

通信速度に関してはやはりMNO回線ということもあってしっかり出ているようです。その一方で、同じ人が気になる投稿もしていました。

どうも通信が途絶えてしまうことがあったようで、そのリカバリーとして楽天WiFiを契約しに行くとのことです。このような投稿はこの人しかしていないので、環境によるものだとは思いますが、MNO回線とはいえやはり不安定になることもあるようです。

まとめ:複雑さはあるが月額費用が安いのは魅力

大容量WiFiは「大容量を低価格で契約できる」点が大きな魅力です。また、ポケットWiFiでは珍しくクレジットカードなしでも契約できるのも魅力です。

その一方で、プラン変更にすら手数料が発生することや、レンタルなのに初期費用が高額な点は注意が必要です。もうちょっとシンプルにレンタルしたいなら縛りなしWi-Fiの方がおすすめです。

ただランニングコストの安さで言えばWiMAXとかより遥かに優れています。

\10GB1,000円から!/
大容量WiFi

  • 10〜500GBまで大容量のプランあり
  • 縛りありだが解約手数料は最安500円!
  • GMO後払い対応!コンビニ払いなどが可能