楽天モバイルを固定回線代わりとして使えば安い!ルーター不要!使ってみた感想を紹介
我が家で活躍中のRakuten WiFi Pocket 2C

楽天モバイルは月額3,278円(税込)でデータ通信が無制限なので、固定回線を引くよりも安くネット環境を構築できます

実際に私は新居に引っ越してからは固定回線を新たに引かず、楽天モバイルのポケットWiFiだけでネット環境をまかなっています。在宅でのテレワークなのでネット環境はとても大事なんですが、楽天モバイルが固定回線の代わりとして十分にその役目を果たしています。

アタシの主なネットの使い道
  • 音声通話
  • ビデオ会議
  • PCのリモート接続
  • Fire TVでの動画サイト閲覧
  • あとはこの記事の読者が男性ならば大体わかるはず

「光回線よりも安くしたい!」「ネット回線を引いて縛られたくない!」という人にピッタリなので、これまで使用してきた感想からメリット・デメリットに分類して紹介していきます。

おすすめ携帯会社

キャンペーンが魅力

楽天モバイル

月間データ使用量が無制限。料金はデータ使用量に応じて毎月1,089円〜3,089円の間で決定。iPhoneの契約で最大24,000円相当のポイント還元

審査が不安なら

IIJmio

不払者情報の交換に参加していないため、現役の携帯ブラックでも審査に通る可能性あり。eSIMプランは2GB440円(税込)からと安い。6ヶ月間440円引き

月額990円で使い放題

mineo

「マイそく」プランなら音声通話+最大1.5Mbps(990円)/最大3Mbps(2,200円)の使い放題プランを契約可能(平日12時台は制限あり)。6ヶ月間330円引き

簡単!楽天モバイルを固定回線として使う方法

Rakuten WiFi Pocket 2C | Wi-Fiルーター/周辺機器 | 製品 | 楽天モバイル
画像引用元:Rakuten WiFi Pocket 2C | Wi-Fiルーター/周辺機器 | 製品 | 楽天モバイル

楽天モバイルを固定回線として使う方法は全部で3つあります。

  1. ポケットWiFiを契約する
  2. SIMを契約してスマホでテザリングする
  3. 「楽天ひかり」を契約する

最もおすすめなのは1番です。その理由はこれから解説する通り、最もコスパに優れているからです。2番も悪くはないのですが、スマホでテザリングするとスマホのバッテリー消費が激しいのでどうせならポケットWiFiにしといた方が無難だと思います。

3番の楽天ひかりは読んで字の如く、楽天モバイルが提供する光回線です。1年無料とか気前の良いこと言ってますが、3年契約前提なので縛りがきついし、2年目からの通常料金もそんなに安いわけじゃないので、全くおすすめしません

また、楽天ひかりは工事費用がかかります。ポケットWiFiの場合も端末の購入費用がかかりますが、現在キャンペーンで「Rakuten WiFi Pocket 2C」が4,401円で販売されていて、契約すると4,401円相当の楽天ポイントがもらえるので実質無料です。当然工事費も不要なので最強です。

吹き出しアイコン

ウサミミ
「Rakuten WiFi Pocket 2B」と「Rakuten WiFi Pocket 2C」の2種類があり、利用できるケーブルが違います。Bの方はMicroUSB対応で、CはUSB-Cケーブル対応です。料金やスペックに違いはないので、自分に合った方を選べば良い!
\本体代実質無料&データ容量無制限で3,278円!/

楽天モバイル

  • 本体料金4,401円!新規契約で4,401円相当のポイントがもらえる
  • データ使い放題で月額料金3,278円!20GB以下なら割引
  • 契約から解約まで一切の手数料が無料
楽天モバイルキャンペーン情報
Rakuten WiFi Pocketの新規契約で本体代4,401円!さらにもれなく4,401円相当の楽天ポイントがもらえる
キャンペーン期日:未定

楽天モバイルを固定回線として使うメリット

楽天モバイルでポケットWiFiを契約して固定回線として使った時のメリットを紹介していきます。

工事・ルーター設置不要!届いたらすぐ使える

Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格実質0円キャンペーン
画像引用元:Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格実質0円キャンペーン

やはり「工事不要ですぐ使える」「初期費用が安い」というのが最大のメリットでしょう。固定回線を引くとなると、工事完了に1ヶ月以上待たされることもあります。しかしポケットWiFiなら申し込んで数日以内には到着します。そして電源をオンにすればすぐに使えます。

そしてさらに工事費用が大体1万円弱かかります。楽天モバイルのポケットWiFiは、先の通り4,401円です。初期費用に圧倒的差があります

初期費用の違い
  • 固定回線:工事費として1万円以上かかる
  • 楽天モバイルポケットWiFi:キャンペーンで4,401円(ポイント還元で実質無料&工事不要)
吹き出しアイコン

ウサミミ
某NURO光とか工事費44,000円(税込)でヤバすぎ

月額3,278円(税込)なので固定回線よりも安い

月々のランニングコストもお得です。楽天モバイルは楽天回線エリア内に限られますが、データ容量無制限です。それでいて料金は月額3,278円(税込)。一般的な固定回線は4,000〜5,000円程度するので、だいぶお得です。

楽天モバイルの料金プラン(税込)
月間データ通信量 料金
〜3GB 1,078円
〜20GB 2,178円
20GB超過 3,278円

:7月8月は「データ使用量1GB以下」なら料金無料。さらに9月は1,081円相当、10月は1,080円相当の楽天ポイント還元で実質無料(共に「データ使用量1GB以下」であることに限る)。

また、楽天モバイルはデータ使用が少ない月は料金が下がります。しばらく「実家に帰る」とかそういうイベントがあってWiFiを使わないと、料金が安くなるのでありがたいです。

吹き出しアイコン

ウサミミ
中には楽天モバイルよりも安いところもあるけど、そういうのは大体「2年縛りのうち1年間だけ」とか、「2年後に受け取れるキャッシュバックを差し引いた実質金額」とかだから、純粋に楽天モバイルより安い固定回線はかなり少ないんじゃないかな。

なお、楽天回線エリア外だと月間5GBで超過後は最大1Mbpsの速度で使い放題となります。自分の所在地が楽天回線エリアないかどうかは公式サイトのエリアマップをご覧ください。

契約期間の縛りなし!いつでも無料で解約可能

携帯会社の縛りは無くなりましたが、固定回線の縛りはいまだに現役です!2年や3年の長い縛りがあり、しかも例によって更新月に解約しない場合は自動的に期間延長というひどすぎるアレがあります。

たとえばNURO光は1年間980円(税込)と破格値で契約できますが、2年目からは5,200円(税込)で3年縛りです。3年間の総額から月額平均価格を算出すると3,793円で、そこまで安いわけではありません。

一方で楽天モバイルは縛りがなく、いつでも無料で解約できます

縛りの有無の違い
  • 固定回線:1〜3年の縛りがあるケースがほとんど(更新月以外の解約だと違約金あり)
  • 楽天モバイルポケットWiFi:縛りがなくいつでも無料で解約可能

外出時にも持ち出せるので携帯料金の削減に繋がる

ポケットWiFiは小型でバッテリー搭載なので、外出時にも持ち出すことができます。外でも使い放題なので、スマホのSIMプランのデータ容量をより小さいものに変更できて節約できるメリットがあります。

私の場合、以前はIIJmioの8GBプランを使ってましたが、楽天モバイルのポケットWiFiを利用するようになってからは最小の2GBにしました。

吹き出しアイコン

ウサミミ
私の通信費は「楽天モバイルのポケットWiFi(3,278円)」と「IIJmioのeSIMプラン2GB(440円)」だけなので、1ヶ月の通信費は3,718円(税込)だけです!

楽天モバイルを固定回線として使うデメリット

楽天モバイルのデメリットは主に通信環境にあります。

通信速度は固定回線には劣るが概ね問題なし

楽天モバイルの通信速度を計測すると、40Mbps前後のことが多いです。光回線だと業者にもよりますが、だいたい40Mbps以上は余裕で出るし、100Mbps以上のものも珍しくありません。

6/3 9:42の計測結果
6/3 9:42の計測結果

6/5 7:36の計測結果
6/5 7:36の計測結果

とはいえ、40だろうが100だろうが、体感速度はほとんど変わらないと思います。40MbpsでもフルHD動画を快適に閲覧できますし、冒頭の通り私は回線速度が遅いと快適に扱えないようなサービスも楽天モバイルで十分問題なく扱えています

  • 音声通話
  • ビデオ会議
  • PCのリモート接続
吹き出しアイコン

ウサミミ
一度だけ、「容量の大きいファイルのアップロードが遅い」ことが理由で不満を覚えましたが、それ以外では不満に思ったことはありません!

電波が入りにくい場合がある

冒頭で紹介した3つの方法。私は当初、この2番を使って固定回線代わりにしていました。

  • ポケットWiFiを契約する
  • SIMを契約してスマホでテザリングする
  • 楽天ひかりを契約する

しかし、間違いなく楽天回線エリア内にいるのに、ほとんど電波が入らず繋がらない、という状態でした。一時は解約も考えたものの、1円なので試しにポケットWiFiを導入してみたら無事改善できました。

なぜテザリングだと電波が入らず、ポケットWiFiだとOKだったのかは謎です。

しかしそもそも楽天モバイルは屋内だと電波が入りにくいという欠陥があります。これは楽天モバイルが「プラチナバンド」と呼ばれるイケてる周波数に対応していないからです。なので室内にいると、楽天回線エリア内なのに圏外になったり、速度が低下したりする恐れがあります。

手数料無料なのでお試し感覚で契約してみよう

楽天モバイル
画像引用元:楽天モバイル

固定回線と楽天モバイルを比較すると、コスト面では圧倒的に楽天モバイルの方が優れていると思います。初期費用も、月額ランニングコストも安いです。縛りがないので短期間で利用したいもしくは今後引っ越してしまう可能性がある人におすすめです。

品質もうまくハマれば十分なんですが、場合によっては全然繋がらない可能性もあるのでそれだけ注意しましょう。ただ楽天モバイルは契約・解約手数料が無料なので、お試し感覚で契約してみても良いと思います。ダメだったら解約すれば良いっす。

\本体代実質無料&データ容量無制限で3,278円!/

楽天モバイル

  • 本体料金4,401円!新規契約で4,401円相当のポイントがもらえる
  • データ使い放題で月額料金3,278円!20GB以下なら割引
  • 契約から解約まで一切の手数料が無料
楽天モバイルキャンペーン情報
Rakuten WiFi Pocketの新規契約で本体代4,401円!さらにもれなく4,401円相当の楽天ポイントがもらえる
キャンペーン期日:未定