バイクだと尚更停めにくい
バイクだと尚更停めにくい

新潟県十日町市にはすげーグニャっててめちゃくちゃ停めにくい駐車場があります。一部に至ってはもはや断崖絶壁で、下手したら落下します。どうしてこんなやばい駐車場があるの?それはこれがアート作品だからさ!

作品名「アスファルト・スポット」

アートな駐車場
アートな駐車場

新潟県では、2000年から3年に1度、「大地の芸術祭」が開催されます。以前紹介した学校はカラッポにならない清津峡ないのトンネルアートもこの芸術祭の一環の作品。いずれも新潟県の自然や建造物を利用しているのが特徴です。

ただの駐車場も面白くなる
ただの駐車場も面白くなる

そしてこのメチャクチャな駐車場も、2003年の第2回大地の芸術祭でお披露目されたもの。公式サイトには公開休止中と案内されていますが、ご覧の通り現在も誰でも作品を眺め、立ち入ることが可能です。

作品番号は「T067」です。フランスのR&Sie建築事務所の作品だそうです。

転落注意
転落注意

実際に車を停めて鑑賞することもできるようです。ただし白線が引いてあるのみで車止めがなく、また、一部はロープによって立ち入れないようになってます。ちなみに優先駐車場もあります(笑)

すぐ隣に妻有大橋ポケットパークというまともな無料駐車場もあるので、観光の際にはそっちを利用したほうが良さげ。

地上にあるけど通称地下室
地上にあるけど通称地下室

アスファルトが捲れている。当時はここにも展示があったそうですが、現在は何もなし。また、反対側のめくれている場所にはトイレがあります。

意味のなさが面白い
意味のなさが面白い

駐車場なんだけど実用性はない…。まるでトマソンのような儚く素敵なアートだなと思いました。

2つある岩

同じ岩がある
同じ岩がある

おまけで、アスファルト・スポットから少し進んだところにある魚沼中条駅です。小さな田舎駅の端っこに、岩が2つ並んでいます。よくみると岩の大きさ、表面のゴツゴツ感、全てそっくりそのまま。

偶然か必然か
偶然か必然か

自然界ではあり得ない「全く同じ物体」。もちろんこれも自然のものではなく人工物で、2018年に公開されたアート作品。大地の芸術祭の作品全般に言えることですが、日常にさりげなく紛れた作品は私が大好きな「日常の中の非日常」を連想させてくれるのでいずれも魂が揺さぶられました。他の作品もまた見ようと思います。

日常の中の非日常へ

例えば大阪にあるPLの塔はまさにそれっぽい。普通の街並みの中に、ニョキッと見慣れない形をしたタワーが建っています。PLタワーと言って、野球好きならご存じあのPL学園のタワーです。かなり異質な見た目はゲームの世界のようでした。

アスファルト・スポットの詳細情報

公式サイト:
住所:アスファルト・スポット - 作品|大地の芸術祭
電話番号:なし
場所:Googleマップで見る

営業時間:いつでも
入場料:無料
駐車場:ここ

備考:面白い

関連記事